カジノ情報サイト

カジノ法案とIR(統合型リゾート)

TOP掲載 コラム
  • カジノ法案とIR(統合型リゾート)
  • カジノ法案とIR(統合型リゾート)
  • カジノ法案とIR(統合型リゾート)
  • カジノ法案とIR(統合型リゾート)

【カジノ法案とは?】
正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、
簡潔に言うと「IR(統合型リゾート)を作って日本を盛り上げよう!」という法律です。
※以下、IR推進法(2018年7月に可決)

 

誤解されがちですが、IR推進法はカジノを合法化したものではありません。
カジノの具体的な制度内容を示したものではなく、カジノ解禁のための制度、運営方法が定められているわけでもありません。

 

具体的な制度設計については、IR実施法(2018年7月に可決)にて規定されています。
特定複合観光施設区域の認定、カジノ事業の免許、カジノ施設への入場制限、入場料等について定めます。
※ギャンブル依存症対策なども重要です。

しかしながら、全国でIR施設を整備できる区域数の上限は3カ所と設定されています。
ここの選定が必須条件なるのですが、いったい、いつ選定されるのか。。。

 

【日本にIR(統合型リゾート)はいつ!?】
当初は、2020年の東京オリンピックまでに・・・でしたが、これはなくなりました。
候補地の決定、開発など、課題は山積みなので早くて2025年頃ではないかと言われています。
2024年に大阪万博があるため、それまでに開業したいという自治体も多いです。

 

【IR(統合型リゾート)の候補地】
・北海道(苫小牧、留寿都)
・東京(台場)
・千葉(幕張)
・神奈川(横浜)
・愛知(名古屋、常滑)
・大阪(夢洲)
・和歌山(マリーナシティ)
・長崎(ハウステンボス)

 

どこが選定されるのか、、見守っていきたいと思います。

 

最後に、メリット・デメリットを書かせていただきます。

 

【カジノ法案のメリット】
①観光による経済効果
②雇用促進
③インフラ整備による地域活性化

 

外国人観光客を集客し、日本経済を活性化させることです。
中国人観光客が日本で「爆買い」する姿は近年よく見る光景で、日本経済に大きな効果をもたらしています。
カジノ法案が成立し、IR(統合型リゾート)が出来ればより大きな効果が出ることは目に見えています。

 

【カジノ法案の問題点】
①ギャンブル依存症の増加
②治安の悪化
③マネーロンダリングの懸念

 

「ギャンブル依存症の増加」への懸念は最も大きな問題点です。
政府もギャンブル依存症対策の重要性は認識しており、具体的な入場回数の制限や、入場料の徴収などを定めています。

メニューMENU

人気の記事ランキングRANKING